VPCとは? VPCの役割とは

 

VPCとは?

 

その特徴

  • リージョン内の複数のAZに対して論理的なネットワークを作るサービスのこと。
  • AWSサービス(EC2,、ELB、ALBなど)をつなぎ合わせる、仮想ネットワークサービスのこと。
  • 各AZ内のEC2などの機器をまとめる仮想ネットワークのこと。
  • その仮想ネットワークはCIDR表記でIPが割り振りをして利用する。

 

VPCの役割

AZ間をVPCというCIDRでIPレンジを割り振った論理的なネットワークで区切る。

AZをVPCで1まとめにすると、AZ間でネットワークを1つにまとめることができる。

イメージ図

 

 

どういうときに、なぜ使う?

 

 

マルチVPCとは?

1つのアカウントで複数のVPCを利用するパターンをマルチVPCという。

マルチアカウント(子アカウントを作成)でそれぞれのアカウントがVPCを持つパターンもある。

アプリごとに分ける場合に利用される

 

VPCの制限について

1アカウントにつき、1リージョンに5つのVPCまで。

 

VPCのCIDRブロックの規則

VPCにCIDRブロックを追加する際には以下の規則があります。

  1. 許容ブロックサイズは、「/ 28」サブネットマスクから「/ 16」のサブネットマスクまで
  2. CIDRブロックは、VPCに関連付けられている既存のCIDRブロックと重複してはいけない

 

 

VPCの「DNS hostnamesオプション」について

VPCのDNS hostnamesオプションが有効化されていないと、サブネットで起動されたインスタンスはDNS名を取得できません

VPCのDNS hostnamesオプションを有効化するためには、 enableDnsSupport 属性を「 true」 に設定した上で、enableDnsHostnames属性を「true」に設定して、VPC 内のインスタンスがDNS ホスト名を取得可能とします。