Well-Architected Frameworkとは?

Well-Architected Frameworkは、安全で、高いパフォーマンス、障害耐性を備え、効率的なインフラストラクチャを構築するのをサポートする目的で開発されました。

  1. 安全
  2. 高いパフォーマンス
  3. 障害耐性
  4. 効率的なインフラ

 

このフレームワークでは、5 つの柱

  1. 運用上の優秀性、
  2. セキュリティ
  3. 信頼性
  4. パフォーマンス効率
  5. コスト最適化

に基づいて、ユーザーとパートナーがアーキテクチャを評価し、

時間と共にスケールする設計を実装するための一貫したアプローチが提供されます。

 

Well-Architected Frameworkで提唱されている5つの設計原則

  • Reliability:回復性の高いアーキテクチャを設計する
  • Performance Efficiency:パフォーマンスに優れたアーキテクチャを定義する
  • Security:セキュアなアプリケーションおよびアーキテクチャを規定する
  • Cost Optimization:コスト最適なアーキテクチャを設計する。
  • Operational Excellence:オペレーショナルエクセレンスを備えたアーキテクチャを定義する

 

Well-Architected Frameworkの信頼性の原則

  • インフラストラクチャサービスの障害復旧の自動化など軽減設計
  • 復旧手順のテストによる検証
  • 需要変化に応じた水平方向へのスケーラビリティによる高可用性の確保
  • キャパシティの推測をやめる
  • モニタリングと自動化を進める

 

Well-Architected Frameworkのパフォーマンス効率の原則

  • システム要件を満たすためのコンピューティングリソースを効率化する
  • システム要件やAWSサービスの進化に応じてAWSインフラの効率化を推進する
  • 先端技術の一般化
  • グローバル化を即座に達成
  • サーバレスアーキテクチャの利用
  • より頻繁な実験

 

Twitterでフォローしよう